RIVERFLOW
HOME
パートナー紹介
知財研修
トピックス
会社概要・アクセス
お問い合わせ


現在求人情報
はありません


リバーフロー国際特許事務所


当事務所の名称である「リバーフロー国際特許事務所」は、知的財産関連業務を「川の流れ」に例えたものであり、我々の果たす業務が、常に、時代の「本流」であり続けることへの願いを込めて命名されたものである。

RIVERFLOWの特色

   
1. 経営・事業・知財戦略の三位一体化を密着支援
2. 潜在的な知的財産の経営資源化
3. 守りと攻めの知財戦略への積極関与
4. 権利化業務以外の創造・活用支援
5. 一貫した責任体制

トピックス
2009年7月
財団法人の研究所の…

2009年4月
書籍刊行「新版・特許出願実務のエッセンス」…

2009年1月
日本弁理士会の実務修習である「クレーム作成・解釈」(集合研修)にて…

2008年8月
独立行政法人の研究所において、専門知識を有する…

2008年7月
財団法人の研究所の研究者に研修…

2008年7月
電子機器メーカの研究開発部門の発明者…

2008年3月
「知財管理」2月号に掲載…

 

1. 経営・事業・知財戦略の三位一体化を密着支援
企業経験及び実務経験を積んだパートナー弁理士が、クライアントの経営・事業・知財戦略を充分に理解し、密なコミュケーションを通じて、クライアントの事業を市場優位で展開するための知財の創出・権利化・活用のニーズに速やかに応じます。


2. 潜在的な知的財産の経営資源化
発明者面談を重要視し、技術者の潜在的な知識・アイデアを、様々な角度から引き出して顕在化し、クライアントの経営資源化に供します。


3. 守りと攻めの知財戦略への積極関与
ご案件1件1件ごとに技術内容を丁寧に検討し、発明思想を水平・垂直展開して、戦略的でかつ漏れのない明細書を作成し、クライアントが獲得する知的財産権を、守りと攻めの両面を考慮して、その相対的価値を向上させます。


4. 権利化業務以外の創造・活用支援
国内出願、外国出願はもとより、調査、鑑定、紛争解決、発明者教育・研修、創造支援、出願/特許戦略アドバイスなど、業務に必要な情報を先取りしたサービス体制で、クライアントを密着支援します。


5. 一貫した責任体制
担当パートナーが明細書の納期・品質維持に責任をもってあたり、国内出願を担当した弁理士が、外国出願及び内外の中間処理・紛争処理を一貫して担当します。



2006 © Riverflow International Patent Firm